ガラスファイバ FluClean 洗浄システム
 
 
 
FluCleanの洗浄システム
 

FluCleanは、基本的に流動層と電気ヒーターから発生する熱を利用して汚染物質を除去する洗浄装置です。

流動層とは、一定の圧力で均等に動く気体により、固体粒子が液体の様に流動することをいいます。
従って、流動層内部は、常に一定の圧力と温度を保てる構造となっており、最適な洗浄結果をもたらすことができます。
電気ヒーターはRETORT内部の熱伝達媒体である酸化アルミニウム(Aluminum Oxide)粒子に熱を伝達することで圧縮空気となって流動し、粒子を囲んでいる周囲の空気を加熱することとなります。
被処理物に付着したポリマー等の有機物質は、加熱された空気によって焼かれ洗浄されます。

被処理物は、その形状に合わせて製作されたバスケットに置かれ、RETORT内にセットされ洗浄されます。
RETORTの設定温度は、ポリマーの種類によって違いますが、一般的には420℃〜500℃の範囲で決めます。 この過程で全てのポリマーは気化してガスとなり、燃焼ガスとEXHAUSTBLOWERによって排出されます。
この時、極少量の酸化アルミニウム粒子が燃焼ガスと一緒にRETORTから抜け出すことがありますが、この酸化アルミニウム粒子はSAND TRAPで捕集され、再利用ができます。尚、燃焼ガスは公害を誘発することもありますのでAFTERBURNERに送ることで処理ができます。

 
AFTERBURNERの分離過程
 

AFTERBURNERはCOMBUSTION CHAMBER COOLING TOWERで構成されています。
燃焼ガスがCOMBUSTIONCHAMBERを通過する際に、900℃〜1100℃の範囲で再燃焼され完全に分解されます。尚、分解されたガスは高温のため作業者への危険性がある為、COOLING TOWERの冷却水で80℃以下に下げられます。
このシステムの排気は、大気環境保全法に規定された大気汚染物質の排出許容量以下で大気中に排出しますので、人と環境に対して安全です。

   
特長
 
 
   
関連映像
  クリックしてください