ガラスファイバ ガラスファイバ
 
 
  Tissue(Glassue)  |  プリプレグ
 
   
 
・ガラス繊維には長繊維と短繊維があり長繊維は溶融されたガラスを高速で引出し、ワインデーングーしたもので、短繊維は溶融されたガラスを遠心力法又は火炎法で吹き飛ばしたものです。本製品は独自技術で製作した電気式直接溶融プラントを用いて、高品質の低アルカリガラス長繊維を製造しております。

GLASS FIBERの特性

 

1. 電気的特性 : 電気絶縁性が優れている
2. 機械的特性 : 寸法の安全性が高い(伸率3-4%、弾性回復率100%)引張強度及び引張弾性率が高い 3. 耐 熱 特 性 : 耐熱性及び耐火性に優れている (耐熱温度300-550℃、煙火温度840℃)
4. 化学的特性 : 人体に無害なので、石綿(Asbestos)の代替用として使用されます。

 

GLASS CLOTHの組織

 

PLAIN(平織) 
最も一般的な組織でたて糸とよこ糸が一本ずつ交互に交差している組織です。特徴は樹脂含浸時、脱泡が容易です。

   

TWILL(綾織) 
たて、よこ糸を最小3本ずつ使用して  いるので、密度が高く、形が斜めなので平織より柔らです。

   

SATIN(朱子織) 
たて、よこ糸の交錯点を一定間隔で配置して綾織より柔軟性が優れていて、複雑な曲面の成形が一方向な強度を有します。一般的に朱子織は4枚の朱子織の意味ですが、5枚、8枚などさまざまな種類があります。

   

LENO PLAIN(フレイ織)
2本またはこれ以上のたて糸が1本の  よこ糸に合わされたもので、隙間がなく、原糸の密度が低い織物を滞らないように製織できる特別な組織です。

   

MOCK LENO、 IMITATION LENO (毛糸職)

数本の糸を集めてたて、よこ糸として使用し平織のように製織したものです。

 

プリプレグ

 

プリプレグはPHENOL、不飽和POLYESTER, EPOXY等のFRP用樹脂に硬化剤、その他の添加物を入れた混合物にCLOTH及び補強剤などを含浸させ中/縮合を部分的に進ませた半硬化状態の製品です。
プリプレグは扱うのが容易で作業性と成形性を向上させる長所がありますが、保管時、温、湿度管理に注意を払う必要があり、低温、低湿状態での保管が要求されます。

 
 CS 311 PA用の特性
DESCRIP-TION
YARN
COUNT(YARNS/IN.)
WEAVE
WEIGHT
(g/㎡)
WIDTH(㎜)
THICKNESS(㎜)
WARP
FILL
WARP
FILL
209
E 225 1/0
D 450 1/0
70
30
4-H Satin
76
1020
0.09
210
G 150 1/0
E 225 1/0
64
25
"
108
1020
0.10
212
G 150 1/0
E 225 1/0
74
37
"
133
1020
0.12
H 213
G 75 1/0
E 225 1/0
52
28
"
165
1020
0.13
H 215
G 75 1/0
E 225 1/0
58
30
"
183
1020
0.15
A 218
H 55 1/0
G 150 1/0
48
26
"
211
1320
0.18
G 218
G 75 1/0
G 150 1/0
64
26
"
207
1020
0.18
K 224
G 37 1/0
G 150 1/0
50
26
"
307
1020
0.24