ガラスファイバ ガラスファイバ
 
 
  Tissue(Glassue)  |  プリプレグ
 
   
 
Code: Glassue 50 G - FL, 188, R
 
Tissue(Glassue)の特性及び用途
•Glassue製品は湿式工法によりSheet状に成形した不織布製品です。
繊維の直径、長さ、表面処理方法により応用範囲が多様で, 主にsheet形状の成形製品補強用で使用され、成形品の表面に使用する時成形品の平滑性、表面光沢、耐水性及び耐候性を向上させます。
 
 製品種類及び用途
種 類
製 品 名
用途
Tissue (Glassue) 
Glassue 35 P0
床材, 連続成形
Glassue 45 P0
Glassue 50 P0
Glassue 55 P0
Glassue 80 P0
 
 Tissue (Glassue)の物性
区分
単位面積当重量
水分含有率
LOI
引長強度
厚さ
g/㎡
%
%
N
mm
mm
#35
35±2.5
1.0%以下
15~35
縦: 180
横: 80
0.21 ~ 0.28
1020, 2020, 2040
#45
45±2.5
2.0%以下
22±5
縦: 220
横: 107
0.31 ± 0.03
1890, 1905
#50
50±2.5
2.0%以下
22±5
縦: 250
横: 117
0.34 ± 0.03
1870, 1880
#55
55±2.5
2.0%以下
23±5
縦: 250
横: 127
0.35 ± 0.03
1880
#80
80±4.0
2.0%以下
20±5
縦: 260
横: 150
0.55 ± 0.04
1000
* 上記の規格は業者間の協議により変更される場合もあります
 
Pallet梱包
材質
Fork
進入方向
大きさ(mm)
Roll 数
表示事項
梱包前
梱包後
木材
2-way
1150X1150X14h
1150X1150X2020h
1 Roll
品種/品名
/gross-net重量/数量
/LOT-no./検査者名/製造会社
2-way
1100X1100X87h
1100X1100X1957h
木材パレットに積載
※ 上記の値は代表値(Nominal)です。
 
取り扱い及び注意事項
1. ガラス繊維製品は以下の条件で保管して下さい。 <通風が良い乾燥した場所で10~35℃,相対湿度75%以下>
2. 野積状態の保管や2段以上のパレット積載はお止め下さい。不可避な場合は梱包を徹底にし、湿気が入らない様にして下さい。
3. ガラス繊維は使用前まで出庫時の梱包状態を維持し、この条件が維持される場合、製品はある期間以上保管しても製品の変化は起きません。特に、水分の凝結防止のため室温になるまでに梱包を開放しないよう注意して下さい。
4. 特に透明度を望む場合、Rollong作業を徹底して行って下さい。